スポーツ整形外科

スポーツ整形外科のご紹介

2019年10月より若草第一病院で「肩・スポーツ外来」を開設しました。
対象とする患者さん、選手は

  • ・小学生からプロ選手まで野球肘などのスポーツ障害
  • ・スポーツでの 肩・肘・膝・足の違和感や痛みが取れない選手
  • ・捻挫や脱臼のあと痛みや外れやすさが続いている方
  • ・五十肩や腱板損傷などの肩の痛みや動かしにくさの障害
  •  です。

病名としては

  • ● 野球肘、テニス肘
  • ● リトルリーグ肩
  • ● 肩関節唇損傷
  • ● 肩腱板損傷
  • ● 肩インピンジメント症候群
  • ● SLAP損傷、反復性肩関節脱臼
  • ● 膝オスグッド病
  • ● 膝半月板損傷
  • ● 分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨)

治療方針

  • □ できるだけ休まず早く競技復帰させる方法を探す
  • □ 安易に「休んで様子をみましょう」とは言いません
  • □ 早く正確な診断・治療をするためにその場でエコーを活用
  • □ 手術は低侵襲で早期復帰できる 関節鏡手術で行っています
  • □ 全身をみる、フォームをみる
  • といったことをあげています。

また、要望があれば障害予防、パフォーマンス向上のための指導やレクチャーも積極的に行っていきます。
外来では 超音波機器(エコー)を用いてその場で正確な診断を行い、手術になる場合には、独自の方法も含め、ほぼ全ての手術を内視鏡(関節鏡)で行います。
肩、スポーツ障害でお困りの方は是非ともご来院の上ご相談ください。