放射線科

スタッフ紹介

tanaka

放射線科部長 田中 茂子(たなか しげこ)
資 格 医学博士
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会核医学専門医
日本核医学会PET核医学認定医
専門分野 救急画像診断
所属学会 日本磁気共鳴医学会
日本脳神経核医学研究会
日本救急放射線研究会
放射線科科長 杉森 有子(すぎもり ゆうこ)
資 格

医学博士
日本医学放射線学会放射線治療専門医

naoko kinoshita

放射線科医長 木下 直子(きのした なおこ)
資 格 日本医学放射線学会放射線診断専門医

toshiyuki matsuoka

[非常勤] 松岡 利幸(まつおか としゆき)
元 大阪市立大学大学院医学研究科
  放射線診断学・IVR学 病院教授
資 格 医学博士
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会IVR専門医
専門分野 画像診断・IVR

画像診断

マルチスライスCT装置

最新のマルチスライスCTスキャナであるAquilion64を導入しております。
立体的な情報が短時間で得られ、微細な血管や病変構造の観察が詳細に行えます。また、1回の撮影(息止め)で広範囲の撮影が可能で、高速画像再構成により撮影の終了と同時に画像観察もできます。

マルチスライスCT装置

マルチスライスCTスキャナでは、より薄いスライスでのスキャンができることにより、従来CTでは検出能力に限界があったために得られなかった診断情報を も得られるようになっており、病変・腫瘍の良悪性鑑別診断での診断能向上が期待されています。また、従来のCTではとらえられなかった心臓診断の適応も、より安全な検査法として期待されています。さらに自動的に各部位に最適なX線量での撮影ができ、従来CTとくらべ患者様への被ばく線量を大幅に低減して検査ができます。また短時間で撮影が終了するので造影検査では造影剤量も低減して検査ができます。

CT

 

 

MRI装置

●フィリップスメディカルシステム 1.5tesla MRI
Intera Achieva Nova Dual 1.5T Philips Release 5-3

若草第一病院MRI室では、高性能最上級グレード Achieva Nova Dualに、2017年8月に一部ハードウェアの更新を行うと同時に最新のソフトウェア(arterial spin label ASL、心筋T1マッピング)を追加導入、アップグレードしました。
特に、心臓MRIと脳血流では最先端の技術を備えています。

MRI装置

 

● 論文

[ WHCA(Whole-heart Coronary MRA)矢状断撮像の有用性 Usefulness of the sagittal section imaging technique in Whole-heart Coronary MRA(WHCA)]
田中 茂子、中平 恒一、 他 社会医療法人若弘会 若草第一病院 放射線科,日本放射線技術学会雑誌,2007 Jun 20;63(6):638-43. [ PubMed ]

[ Visualization of Coronary Arterial Wall Based on Maximum Intensity Fusion of Whole-Heart MR Angiograms and Water Suppression SPIR 3D T1 TFE Images ]
Shigeko TANAKA,Masuki MORI,Kazuhisa KITAZAKI,Magn Reson Med Sci.,2009;8(2):55-63.Department of Radiology & Cardiology Wakakusa Daiichi Hospital [ PubMed ]

MRI

MRI

MRI

MRI

腰椎、顎関節、膝関節、足関節では、3D Spin Echoによる各神経根の圧迫の有無、関節軟骨損傷程度、靭帯、顎関節症の診断を行っており、3Dデータも提供可能。

  • zu5
  • zu6
  • zu7
  • zu8
    ↑ 左L5神経根
    3D Spin Echoを用いたMPR
    DE-VISTA(PDWI+T2WI)
  • zu9
    ↑L4/5椎間板が左尾側に突出
  • zu10
    左側椎間孔の手前で
    左L5神経根(↑)を圧迫
 

● 論文

[ High contrast between lumbar nerve roots and surrounding structures using dual echo 3D turbo spin echo additional fusion images. ]
Kinoshita N,Tanaka S,Sugimori Y,Nakahira K,Ryoke K,Matsuoka T,Fujioka M,Miki Y.,Japanese journal of radiology,doi: 10.1007/s11604-018-0751-2. [Epub ahead of print].[ PubMed ]

血管撮影装置

最新鋭の血管撮影装置が設置されています。
この装置には、最新式のX線検出器が搭載され、少ない被曝で高精度な血管撮影が行えます。血管の鮮明な画像が得られ、血管の形態および機能解析が行えます。患者様は、リラックスしながら安心して検査・治療が受けられます。

血管撮影装置

血管撮影

核医学検査

若草第一病院は東大阪市内唯一の核医学専門医教育病院で、PETを除くすべての核医学検査に対応しています。 (肺換気シンチはキセノン不可でクリプトンのみ、131ヨードを用いる副腎皮質シンチはできませんが、123ヨード MIBGを用いる副腎髄質シンチ(褐色細胞腫)はできます。)通常、プラナー像のみで診断することの多い骨シンチ等でも、Marginal SPECT(時にはこのデータから3方向のSPECTを作成することも可能)を追加撮影しています。 感度、特異度共に高い丁寧な検査、診断を行っています。
核医学の分野は多岐にわたっておりますし、例えば、脳血流シンチでは、脳循環、認知症等、幅広い知識が必要です。 他の画像診断同様、核医学のみでの確定診断は必ずしもできませんが、核医学でのみ得られる情報も多く存在し、総合画像診断の一つとして依然重要な位置を占めています。核医学検査は、放射性医薬品を使用するために高価な検査です。適応の有無、検査の有用性について、事前のお問い合わせにも核医学専門医(放射線科田中茂子)が対応しますので、お気軽にご相談ください。
コストパフォーマンスも含め、よりよい診断アプローチについて、一緒に考えていきたいです。

 

● 骨シンチ

xp_zu11

xp_zu12

 

骨シンチ 骨造成性(osteoblastic)の骨転移では骨代謝を反映する骨シンチは糖代謝を反映するFDG-PETより検出率は高い。前立腺癌の病期診断に特に有用。Marginal SPECTを用いて前後に重なる胸椎と胸骨の分離を行い正確な存在診断(感度)を心がけています。 一般的に骨シンチでは劣るとされる特異度(骨転移と変形性関節症等の区別)に関しても骨シンチでの部位、形状の集積パターン検討、 CT(MPRを含む)との比較を行い、質的診断に可能な限り迫っています。

 

● 脳血流シンチ

 

xp_zu13

負荷前脳血流シンチ

xp_zu14

ダイアモックス負荷後 脳血流シンチ

 

xp_zu15

MRI FLAIR

xp_zu16

本症例はMRI上梗塞は見られず、MRAでは右内頸動脈の閉塞(↑;右後交通動脈)、左中大脳動脈の途絶を認めた。 脳血流シンチでは、右内頸動脈の閉塞にも関わらず、右側では負荷前の脳血流量は十分で、ダイアモックス負荷後の 血流増加も良好(後交通動脈、外頸動脈からの血流による)。左側は負荷前対側比80%以下、ダイアモックス負荷による 血流増加は10%未満で、脳循環予備力の枯渇と考えられ、バイパス術施行された。

放射線治療

 

最新の放射線治療装置

がん病巣にピンポイントで照射でき、

高い治療成績と体に負担の少ない治療が期待できます


高精度の治療が可能に

● 画像誘導放射線治療
(IGRT:Image Guide Radiation Therapy)

● 回転型強度変調放射線治療
(VMAT:Volumetric Modulated Arc Therapy)

リニアック

 

若草第一病院で最新のリニアック(放射線治療装置 Elekta Synergy®:エレクタ シナジー)を導入しています。
放射線治療は手術、抗がん剤に並ぶがん治療の柱の一つです。幅5mmのマルチリーフコリメータを病変の形に正確に一致させて腫瘍に線量を集中することで、周囲の正常組織への線量を極力低減させることが可能となりました。また、毎日の治療では腫瘍や臓器の動きに合わせ、コンピュータを駆使し高い精度で多方向からピンポイントで照射し治療効果を上げ、副作用を軽減します。
放射線治療は体への負担が少なく、痛みもなく高齢者の方にも手術以外の選択肢として治療を受けていただけます。治療期間は1ヶ月前後で、仕事をしながらの外来通院も症例によっては可能です。
がんの完全な治療を目的とすることはもちろん、がんに伴う様々な症状を和らげる治療、個々の患者さんの症状に合わせた治療に対応しています。
回転型強度変調放射線治療(VMAT:Volumetric Modulated Arc Therapy)も搭載されており、照射時間をより短くしての強度変調放射線治療(IMRT:Intensity Modulated Radiation Therapy)も可能になります。

 

リニアック

 

放射線科 研究業績

≫ 放射線科研究業績はこちらをご参照ください。