病理診断科

スタッフ紹介

流田智史

病理診断科部長 流田 智史 (ながれだ ともふみ)
資 格 日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医、指導医
アメリカ心臓協会 Member

病理の専門医と主治医の両方から優しい説明を希望される患者さんとご家族へ

当院では、良性や悪性にかかわらず、さまざまな腫瘍(できもの)の治療をいたします。

がんは悪性の腫瘍ですが、非常にゆっくりと進む性質の良いがんもあれば、反対に非常に進行の早い性質の悪いがんもあります。また、良性と言われている腫瘍でも、中には悪いふるまいをするように変化したり、悪性に近いものもあります。
これらの腫瘍の性質を判定するには、まず肉眼で丁寧に観察して、次に顕微鏡で細胞や組織を詳しく調べる必要があります。これは病理(病気の予防となりたちの医学)の医師が専門としている分野であり、患者さんの病気の経過や症状、他の検査のデータや 手術の所見などの情報も併せて、総合的な診断を下します。

病理検査の結果は、今後の病気の経過や、気をつけるべきこと、また安心して良いこと、などを知るうえで、患者さんご本人、またご家族にとってとても大切です。 手術後の病気の治療や養生にあたっては、病理検査や手術の結果のみならず、患者さんの体力の回復の程度や他の病気の有無、患者さんや御家族にとっての生きがいなど、 多くのことを医師と一緒に話し合い考えていきたいと思っています。

 

病理診断のセカンドオピニオンについて

臨床医によるいわゆるセカントオピニオンは診療科の専門医から無償でお受けしておりますが、 プレパラート(標本)のみでの診断は、現時点ではお受けしておりません。患者さんとご家族皆様の人生に関わる重大問題でありますので、主治医の先生より、全ての診療情報(経過および緒検査結果)が提供される場合のみ可能となる大事な判断と、私は考えております。従い、当院の登録医院あるいは関連病院より当院治療部門の該当診療科に診療資料をご持参され受診いただけますなら、場合によりましてはご希望にお答えできる可能性はございます。追加の標本作成での検索等で標本作成の料金が必要となる場合がございますことをご承知ください。

参考:プレパラート(標本)診断としての病理診断のセカンドオピニオンにつきましては日本病理学会等が中心となって実施しております。現在ご通院中の主治医の先生とご相談ください。

 

病理診断科からのご挨拶にかえて地域医療における専任病理医の役割

臨床検査が外注化した今日、私が思い描く外科病理の役割を少し述べ、あえて当院病理診断科の意味を問いたいと思います。外科病理診断は、生検材料、また手術材料を用いて病理診断を行う訳ですが、この検査は確かに多岐にわたる臨床検査の一部門であることはご承知の通りです。衛生検査会社や大学との委託契約で行われている施設が多いかと思います。しかし血液検査の項目や、生理検査の項目と大きく異なる点が存在します。これらの多項目にわたる機械化された検査との違いは、この病理診断が目指すところが、苦しみまた病める人の、その治療のための診断書作成にあり、その実施者である臨床医と病理医が共同作成する、治療計画書の一つである点かと思います。病める人とそのご家族を含め、治療に参加する全スタッフのための指針の構成資料だと考えております。
そこでは最終的に、実施された臨床検査が集約としてまとめられ、理学的所見、問診(生活史、既往歴、家族歴、嗜好品、薬剤投与歴等)が加味され、考察された最終的判断の一つである臨床診断を基に、提出された検体に対して、その統合化された情報を付加して、形態学から病理学的診断が行われます。そのためには多くの対話を必要といたします。つまり前提として、病院間あるいは診療科の壁を越えた医師間相互の、医療関係者相互間で、また主治医や病理医の間で、正確な繰り返された議論がされなければなりません。治療のための指針と言う視点を病理診断に注いでいただけましたら幸いです。そこに盛り込まれるべき情報とは、本来のすべての医行為(医療行為)同様で学会や研究のためではなく、伝統的略語(隠語)、翻訳作業が必要な如き意味不明の専門用語や統計的記号は不要であり、基本的には個々の病める人の個人に帰属する、わかりやすく役立つ情報であるぺきだと考えております。
最後になりましたが献体ならびに病理解剖にご理解とご協力いただきました皆様に、明日の地域の医療と医学に、多大なご貢献をいただいておりますこと申し添え、この場で御礼申し上げます。

 

病理診断科一同

 

病理診断科 研究業績

≫ 病理診断科研究業績はこちらをご参照ください。