婦人科

スタッフ紹介

f_kobayashi

婦人科部長 小林 理章(こばやし まさあき)
資 格 医学博士
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
母体保護法指定医
診療情報管理士

子宮がんについてのおはなし

子宮頸がんは20から30代で急増しています。

子宮頸がんは初期の段階ではほとんど自覚症状がないため、しばしば発見が遅れます。

日本人では年間約15,000人(上皮内がんを含む)の女性が発症していると報告されています。

 

  1. 欧米の子宮がん検診受診率は概ね70〜80%なのに対し、日本の受診率は20%で、近年、子宮頸がんが増加している20〜30歳代にいたっては、受診率が5%〜10%にも満たない状況です。
    子宮頸がん検診にはパパニコロウ染色という強力な検診ツールがあり、東大阪市検診制度もあり、検査料も安く、簡易で、痛みもほとんどなく、非常に感度も特異性も良い、他のがん検診にはない特長があります。
    子宮がんがお年寄りの病気だというのは40〜50年前の話です。この40年の間に20〜30歳代だけが増加しているのです。せっかく、前がん病変が存在し早期発見・早期治療ができるがんなのですから、20歳代以上の女性は、1〜2年に一度は必ず子宮がん検診を受けてほしいと思います。
  2. 2008年度ノーベル生理学医学賞を受賞したHauzen博士らの研究で世界的に注目されることとなったヒトパピローマウイルス:HPVが、子宮頸がん発症に大きく 関わっていることが解明されました。
    昨年来、新型インフルエンザワクチンが話題になりましたが、子宮頸がん発症の主要な原因である、発がん性ヒトパピローマ ウイルス:HPVの16型と18型の感染を予防するワクチンも認可・接種可能となりました。
  3. 婦人科手術も再開いたしております。子宮筋腫、卵巣嚢腫などの良性疾患、早期の子宮がんなど悪性疾患、子宮脱など膣式手術も実施します。
    開腹手術時には傷が少しでも目立たないように皮下縫合で、抜糸の必要のない手術を行っています。総合病院の強みとして、外科・泌尿器科・麻酔科・内科の協力のもと安全安心な手術を心がけております。腹腔鏡下手術もできるよう医師の確保、準備をしております。