薬剤部

薬剤課について

薬剤課は、基本指針として「質の高い薬剤情報の提供」を念頭にしています。

従来、薬剤師の業務は調剤を行うという技術面の印象で理解されていたかと思います。しかし、医薬品の目覚しい開発、医療の細分化・専門化が進み医薬品に対する薬剤師の責任が期待されるようになりました。特にあふれる情報を、必要とする関係者に必要とする分量の情報を的確に提供することを心がけています。迅速な対応への取り組みの一つとして、血液培養陽性患者への推奨薬マニュアル作成があげられます。1年生薬剤師でも15年生薬剤師でも迅速で均一した薬剤情報の提供が可能となりました。

 

我われ薬剤師は、「この薬剤師から提供された医薬品であれば安心して施用できる」と患者さんに感じていただけるような薬効の説明・副作用の早期発見に繋がる情報提供を目指します。

 

薬剤部部長 上田展代

薬剤課の教育

目的

医薬品知識を薬剤師が均等に習熟し、均一した情報提供ができるようになる。

 

教育目標

1.薬剤師の役割は薬に関する正しい評価をする。
2.医療チームの一員として医薬品関連医療事故にかかわるリスクの軽減に努める。
3.「薬あるところに薬剤師あり」のもと薬学的管理を実践し、処方に関する医療関係者へのアドバイスを実施する。
4.有効性・安全性の高い医薬品の開発と市販後の育成へ関与する。
5.薬学生実習教育と卒前卒後の実務研修の充実を図る。

 

薬剤課の業務内容

調剤業務

オーダーリングシステムより情報共有される腎機能・肝機能などの臨床データの確認、ハイリスク薬の初回投与チェックなど、患者さん一人一人の薬歴に基づく調剤を行っています。

 

抗がん剤の調製業務

化学療法委員会で検討されたレジメンに基づき、抗悪性腫瘍注射剤を安全キャビネットの中で無菌的に調製しています。

 

病棟業務

持参薬鑑別に始まり、副作用歴・アレルギー歴などのモニタリングをさせていただき、医師・看護師と連携し入院中に適切な薬物治療の提案をさせてもらいます。治療薬のメリット(薬効)・デメリット(副作用)を患者さんに理解していただける説明を心がけています。

 

TDM業務

オーダーリングシステムより情報共有される腎機能・肝機能などの臨床データの確認、ハイリスク薬の初回投与チェックなど、患者さん一人一人の薬歴に基づく調剤を行っています。

 

医薬情報業務

科学的根拠に基づいた情報を、医師を始めとする医療関係者に提供し医薬品の適正使用に貢献できるよう努めています。薬剤部での副作用報告一元管理を実施しています。

 

治験業務

治験薬の適切な管理を実施し、処方内容が治験計画書に沿っているかを確認した後、調剤を行い被験者の方に説明指導しています。

 

チーム医療

医師・看護師などと共に、がん化学療法、緩和ケア、栄養管理、院内感染対策、医療安全対策チームの一員として参加し、医薬品の適正使用を通して安全に寄与しています。

薬剤課チーム活動

 

 

学会発表及び研究会発表情報

2018年   日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019 ポスター発表
2018年 19回 日本クリニカルパス学会学術集会 口頭発表
2018年 第33回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 口頭発表
2018年 第39回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 ポスター発表
2017年 第18回 日本クリニカルパス学会学術集会 口頭発表
2017年 第19回 大阪病院学会 口頭発表
2017年 第67回 日本病院学会 口頭発表
2016年 第6回 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017 ポスター発表
2016年 第38回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 口頭発表
2016年 第17回 日本クリニカルパス学会学術集会 口頭発表
2016年 第11回 大阪NST研究会&第46回大阪病院機能向上研究会 口頭発表
2015年 第64回 日本病院学会 口頭発表
2015年 第36回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 口頭発表
2015年 第30回 日本環境感染学会総会・学術集会 口頭発表
2014年 第35回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 ポスター発表
2014年 第63回 日本病院学会 ポスター発表
2014年 第8回 日本緩和医療薬学会年会 口頭発表
2013年 第7回 緩和医療薬学会年会 口頭発表
2013年 第4回 クリニカルパス学会学術集会 口頭発表
2013年 第34回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 ポスター発表
2012年 第61回 日本病院学会 口頭発表
2012年 第33回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 ポスター発表
2011年 第32回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 ポスター発表
2011年 第16回 大阪病院学会 口頭発表
2011年 第21回 日本医療薬学会 ポスター発表
2011年 第21回 日本医療薬学会 口頭発表
2010年 第31回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 ポスター発表
2009年 第58回 日本病院学会 ポスター発表
2009年 第30回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 ポスター発表
2008年 第29回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 ポスター発表

 

実習生の受入

薬学6年生教育における実務実習の受け入れを実施しています。

 

認定薬剤師状況

2019年4月現在

日本病院薬剤師会

がん薬物療法認定薬剤師 1人
感染制御認定薬剤師 1人
日本病院薬学認定薬剤師 6人
認定指導薬剤師 3人
日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士 2人
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 1人
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 4人
認定実務実習指導薬剤師 2人