認定看護師・診療看護師

 

認定看護師(Certified Nurse)

認定看護師とは

認定看護師とは、日本看護協会認定看護師認定審査に合格し、特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践のできる看護師のことをいいます。

 

認定看護師の役割

  • 1.認定看護師の責務(使命)
  •  最新の知識・技術を用い実践・指導・相談をおこなうことで、患者・家族のQOL改善に貢献し、各領域における看護の質向上を図る。
  • 2.認定看護師の権限
  • 1)各専門領域での看護問題において、法的に看護師がおこなうことができる範囲内で、かつ医師の治療方針に基づき看護介入をおこなうことができる。
  • 2)各専門領域での看護問題において職種、立場を問わず相談を受け、相談内容に応じ活動できる。
  • 3)各専門領域に関する教育、指導を看護職員(感染管理においては全職員)に対し必要時、実施できる。
  • 4)各専門領域のチーム稼動に参加でき、その活動において、問題と改善案を提言することができる。

当院認定看護師のご紹介

● 感染管理認定看護師

感染管理認定看護師

吉野 敦子(よしの あつこ)

感染管理認定看護師

落合 麻美(おちあい まみ)

 

感染管理認定看護師は、
患者さんと医療従事者を感染から守るための活動をおこなっています。

 

● 皮膚・排泄ケア認定看護師

宮崎 照美(みやざき てるみ)

 

皮膚・排泄ケア認定看護師は、
褥瘡などの創傷管理およびストーマ管理、失禁等の排泄管理、患者さんやご家族への自己管理およびセルフケア支援に関する看護の提供ができます。
【対 象】
  1.褥瘡や下腿潰瘍、術後の創傷管理が必要な方
  2.失禁などで排泄ケアが必要な方
  3.抗癌剤で皮膚障害が予測される方、既に皮膚障害が起こっている方
  4.足のトラブルでフットケアが必要な方

 

【ストーマ・スキンケア外来】
 月曜〜金曜 完全予約制
 地域連携課 予約センター TEL 072-988-1409

● 救急看護認定看護師

救急看護認定看護師

柏本 佳奈子(かしもと かなこ)

救急看護認定看護師

徳山 早織(とくやま さおり)

 

救急看護認定看護師は、
救急医療現場でのあらゆる状況下において、対象に応じた迅速で確実な救命技術・救急看護技術が提供できます。また、危機的状況にある患者さんやご家族の心理的問題を的確に把握し、状況に即した看護が提供できます。

● 緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師

山本 直美(やまもと なおみ)

 

緩和ケア認定看護師は、
生命を脅かす疾患による問題に直面している患者さんやご家族に対し、痛みやその他の身体的・心理的・精神的・スピリチュアルな問題に対してアセスメントし症状緩和とQOL向上を目指した具体的ケアの提供ができます。
【対 象】
  1.生命をおびやかす疾患(がん・非がん含む)の患者さんとそのご家族
  2.患者に関わる医療者

● がん性疼痛看護認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師

中村 真佐子(なかむら まさこ)

 

がん性疼痛看護認定看護師は、
診断時からターミナル期にあるがん患者さんとそのご家族、及び患者さんに関わる医療者に対し、患者さんやご家族の身体・心理・社会・スピリチュアル的視点からのアセスメントと症状緩和、QOL向上を目指した具体的なケアの提供、支援ができます。

● 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

眞方 京子(まがた きょうこ)

 
 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、
脳卒中の患者さんやご家族および脳卒中後にリハビリテーションを受ける患者さんに対し、アセスメントとQOL向上を目指した具体的なケアの提供ができます。

● 慢性呼吸器疾患看護認定看護師

慢性呼吸器疾患看護認定看護師

森川 静子(もりかわ しずこ)

 

慢性呼吸器疾患看護認定看護師は、
慢性呼吸器疾患患者さんおよび呼吸ケアを受ける患者さんやご家族に対し、アセスメントとQOL向上を目指した具体的ケアの提供ができます。

● 集中ケア認定看護師

集中ケア認定看護師

藤谷 扶美江(ふじたに ふみえ)

 

集中ケア認定看護師は、
重症の患者さんや生命危機状態にある患者さんに対し、適切なアセスメントをおこない、病態の変化を予測し、重症化回避のための援助をおこないます。また、生命危機によって特殊な環境下で治療を受ける患者さんの安全・安楽を確保し、苦痛の緩和や早期回復のための具体的なケアが提供できます。

診療看護師(Japanese Nurse Practitioner)

わが国は、団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、今後の急性期医療から在宅医療などを支えていく看護師を計画的に養成することを目的に「特定行為に関する看護師の研修制度」をスタートさせました。(保健師助産師看護師法第37条の2第2項 平成27年10月1日施行)
当院では、この研修を修了し、高度かつ専門的な知識と技能を身につけた看護師が一定の診療の補助をおこなっております。患者さんの状態に合わせたタイムリーな対応と専門性を発揮することで、質の高い医療・看護を効率的に提供してまいりますので、今後の活動にご理解とご支援をたまわりますよう、よろしくお願い申し上げます。