院長ご挨拶

わかくさ竜間リハビリテーション病院は、慢性期医療とリハビリテーションを担う病院として運営しています。
当院は大東市の生駒山の中腹に位置し、清新な空気と緑豊かな、療養・リハビリに極めて適した自然環境の中にあります。
当院は「個々の患者さんの病状や障害に応じた最適なリハビリテーション・医療・ケアを提供します」を基本方針にしています。

急性期治療後早期にリハビリテーションを集中的に行う回復期リハビリテーション病棟、急性期に引き続き治療やリハビリを行う療養病棟を有し、患者さんが社会復帰・在宅復帰されることを支援する専門病院です。

専門職種(医師、歯科医師、薬剤師、療法士(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)、看護師、介護士、管理栄養士、相談員(社会福祉士)など)がチームを形成し、一人一人の患者さんの病状や障害に応じた最適な治療計画を作成し、社会復帰・在宅復帰を支援します。

tdirector

重度障害で家庭での生活が困難な方にも患者さんの病状に応じた治療計画とケアプランを作成し、長期ケアの入院サービスも提供しています。

また安楽に終末が迎えられるように緩和ケアも行っています。

われわれ職員一同、患者さんの社会復帰・在宅での生活ができるように全力で支援いたします。

患者さんの病状に応じた最適のリハビリテーションと心のこもったケアを通して、患者さんの笑顔が見られるように、職員一同努力してまいります。

院長  錦見 俊雄

 

院長のプロフィール

氏名 錦見 俊雄(にしきみ としお)
メッセージ

元々内科医、循環器内科医です。循環器疾患によく合併する慢性腎疾患、糖尿病なども学んできました。病気だけでなく、患者さんを全人的に総合的に診ていきます。医療と平行してリハビリテーションを行い、在宅復帰、復職を支援します。

専門分野

内科学、循環器内科学、心血管内分泌代謝学

 サブスペシャリティは腎臓病学、内分泌代謝学です。

学会専門医・認定医

医学博士

京都大学医学部内科臨床教授・非常勤講師

日本循環器学会専門医

日本心臓病学会上級臨床医

日本高血圧学会評議員・指導医・専門医

日本心不全学会評議員

日本心血管内分泌代謝学会評議員

日本心脈管作動物質学会評議員・編集委員

日本内科学会近畿支部評議員・認定医

業績

論文・学会発表