回復期リハビリテーション

集中的なリハビリテーションをチームで支援します

kairiha_p01

回復期とは、急性期治療を受け、病状が安定しはじめた発症・術後から1〜2ヶ月後の状態をいいます。この回復期に集中的なリハビリテーションを行うことは身体機能や日常生活動作(ADL)の改善に最も効果的です。この回復期の時期に集中的なリハビリテーションを行うことで、低下した能力を再び獲得し家庭や社会に帰るための病棟を回復期リハビリテーション病棟といいます。

回復期リハビリテーション病棟は、主に脳出血、脳梗塞、大腿骨骨折など(厚生労働大臣が定める特定の状態)の患者さんを対象とします。ただし、ご状態によっては対象とならない場合があります。また実際の入院期間は、定められた範囲の中で、医師の判断のもとそれぞれの必要に応じて異なります。

厚生労働大臣が定める特定の状態

  疾患 入院限度日数
1. 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷の発症もしくは手術後、義肢装着訓練 150日以内
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日以内
2. 2肢以上の多発骨折、大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の骨折もしくは手術後 90日以内
3. 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後 90日以内
4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後 60日以内
5. 股関節又は膝関節の置換術後 90日以内

入院中は、医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、管理栄養士、薬剤師、社会福祉士などがチームを組み、家(または生活施設)に帰ること、また地域や社会で生活やそれぞれの活動を行えるようになることを目指して、集中的にリハビリテーションを支援します。

 

リハビリテーションは、日曜日や祝日なども含め365日、個別療法(マンツーマン)で最大1日9単位(3時間)実施します。内容は、それぞれの心身の状態などに応じて、理学療法(PT)、作業療法(OT),言語聴覚療法(ST)を組み合わせた、個別のプログラムを行います。病棟では、患者さん・ご家族が安心してリハビリテーションを受けられるよう療養環境を提供します。そして患者さんの健康管理を行いながら、生活に必要な身の回りのことなど、自分で出来ることを増やしていくための援助を行います。24時間、生活そのものがリハビリテーションです。

 

  • kairiha_p02

  • kairiha_p03

  • kairiha_p04

 

リハビリの成果・実績

回復期リハビリテーション病棟における、在宅復帰率、平均在院日数、重症患者改善率や歩行・食事・排泄の回復についての実績はこちらをご参照ください。

リハビリの成果・実績はこちら

 

回復期 家族教室のご紹介

回復期リハビリテーション病棟では、患者さんとご家族の退院支援の一環として「家族教室」を開催しています。教室を通して、気さくに情報交換や相談などができる環境づくりを目指しています。

 

教室は、患者さんが自宅に帰ってから生活する上で参考となるような内容を理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・歯科衛生士・社会福祉士などが担当して行っています。

内容は家庭でできるリハビリテーション・エクササイズや健康管理方法、栄養指導など様々です。

お気軽にご参加ください。お待ちしています。

kazoku_6798

2019年度 回復期 家族教室 年間計画表

 開催場所:管理棟2階 会議室

 事前のご予約は不要です。

開催日時 内容

6/8(土)

14:00~15:00

家庭でのリハビリテーションのお悩み相談

担当:理学療法士

作業療法士

言語聴覚士

7/20(土)

14:00~15:00

良く噛んで食べる

担当:歯科衛生士

9/28(土)

14:00~15:00

嚥下食相談

 *嚥下食の作り方(実技)

 *とろみのつけ方

 *献立の立て方

 *市販の嚥下食試食

 *補助食品試食と紹介

 *宅配食の試食

担当:管理栄養士

11/16(土)

14:00~15:00

オムツ指導

 *オムツの当て方(実技)

 *オムツの選び方

担当:介護福祉士

12/7(土)

14:00~15:00

介護保険について

担当:社会福祉士

1/25(土)

14:00~15:00

薬の用法用量について

 *飲み忘れの対応法など

担当:薬剤師

2/22(土)

14:00~15:00

緊急時の対応

担当:看護師