若草第一病院ブログ 2021年一覧

低侵襲で復帰が早い野球肘の内視鏡手術方法について全国学会で発表しました

2021年09月01日

スポーツ整形外科 今田部長が行っている 「低侵襲で創が小さく+早期復帰が行える 野球肘の関節鏡手術」の方法と成績について以下の学会シンポジウムにご推薦頂き講演しました。Covid-19のためWEB学会での発表でしたが海外を含め多くの医療関係者が視聴されました。

 

 

こあら

●第33回日本肘関節学会「シンポジウム 肘関節鏡の新しい technique」2021.2.12~13
●第13回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会/第47回日本整形外科スポーツ医学会 合同学会「シンポジウム 肘関節鏡視下治療のevolution」 2021.6.17~19

 

外側型野球肘に対する骨軟骨移植が必要な場合、従来の手術法では肘に5~8センチの長い傷跡ができ、その違和感や術後の痛みが長いなどの問題がありますが 今田部長が開発した内視鏡を用いた方法では傷跡は1センチほどで行え、術後のリハビリもスムーズに進めることができていました。追跡調査では手術を受けた選手は全員がスポーツ復帰し、肘機能のスコアは大きく改善し、X線やCT,MRI調査でも関節が修復した像が確認されました。中には手術を受けてから投手になった選手もいました。
この方法は7年前に開発し行ってきましたが、国内外でも行っている医師は残念ながらまだほとんどおらず大きな手術の傷痕を残してしまっています。今後多くの病院で行われるようになることを期待しています。(病院ホームページ「スポーツ整形外科」のページで紹介しています。)

 

野球肘

 

開催報告:第55回地域医療支援病院研修会(’21.08.13)

2021年08月19日

若草第一病院は地域医療支援病院として、オープンカンファレンスや研修会を定期的に開催しております。
地域の医療機関や関連機関の皆様と顔の見える関係を築き、緊密な連携や相互の医療の質の向上を目指しています。

 

会 名  第55回地域医療支援病院研修会
日 時  2021年8月13日(金)15時半~16時半
場 所  若草第一病院 管理棟2階会議室
対 象  地域の医療機関、介護施設などの医療従事者など
参 加  7名
内 容  当院での外来化学療法 ~薬剤師による症例介入も交えて~
講 師  若草第一病院 薬剤部 がん薬物療法認定薬剤師 高橋亮治

今回の地域医療支援病院研修会は、 「 当院での外来化学療法 ~薬剤師による症例介入も交えて~」と題し、がん薬物療法認定薬剤師がお話しさせていただきました。 がん薬物療法認定薬剤師は一般社団法人日本病院薬剤師会が認定している資格で、薬物療法についての高度な知識や技術を身につけており、専門家として医療チームに参加して医師や看護師などに助言・提案したり、患者さんや家族に対して薬物療法についての説明や指導を行って、理解を深める役割などを担っています。 研修会では始めに、外来化学療法で使用しているレジメンとクリニカルパスについて説明いたしました。レジメンは「抗がん剤を実際投与する際の計画書」で、クリニカルパスはレジメンに合わせて個々の治療を時系列に表したもので、その使用方法やメリットなどについてお話しいたしました。次に、使用されている抗がん剤の種類や特徴、さらに副作用について解説し、最後に副作用とその対策について症例でご紹介いたしました。 研修会についてのアンケートでは、「もっと多くの症例を聞きたかった」とご感想をいただきました。

 

緊急事態宣言中という事もあり、今回は新型コロナウイルスのワクチン接種を2回終了している方に限って会場にお越しいただき、その他の参加希望の方につきましては、後日研修会資料を送付させていただく事としました。お越しいただけなかった方につきましては、申し訳ございませんでした。今後は開催方法についても検討していきたいと思います。

 

若草第一病院の地域医療支援病院研修会は、次回9月17日(金)の開催を予定しています。新型コロナウイルス感染症の状況により中止となる場合もございます。最新情報は当院ホームページ等でご案内させていただきます。 研修会で取り上げてほしいテーマについてのご要望などは引き続き募集しております。是非ご意見をお寄せください。

 

地域医療支援病院研修会 ご案内

 

 

若草第一病院 地域連携課

開催報告:第55回地域医療支援病院オープンカンファレンス(’21.07.29)

2021年08月10日

若草第一病院は地域医療支援病院として、オープンカンファレンスや研修会を定期的に開催し、地域の医療機関の皆さんと顔の見える関係を築き、緊密な連携や相互の医療の質向上を目指しています。

 

会 名  第55回地域医療支援病院オープンカンファレンス
日 時  2021年7月29日(木)15時30分~
場 所  若草第一病院 管理棟2階 会議室
対 象  地域の開業医の先生、消防局の救急隊員など
参 加  16名
内 容

 1)症 例「脳卒中症例における救急隊の活動について」
    講   師:東大阪市消防局 西消防署 西救急隊 田中宏明

 2)「脳卒中搬送症例の検討と神経学的所見の見方(3)」
    講 師:脳神経外科 診療部長 熊谷 哲也

 

今回のオープンカンファレンスでは、東大阪市消防局 西消防署 西救急隊の救急救命士さんより脳卒中搬送症例における救急隊の事例報告や、脳卒中ホットラインを利用する際に生じた疑問について、搬入までの流れや救急ホットラインとの違いについて質問がありました。救急ホットラインとの違いは、脳卒中ホットラインは脳卒中の専門医が対応し、脳卒中の可能性が高い搬送依頼の場合はMRIやアンギオ検査ができるよう、搬入までの時間で調整しているとの説明がありました。
2例目は当院脳神経外科診療部長が、「てんかん」の症状や危険性、治療方法、抑制薬とその効能について解説いたしました。
参加者からは、「現場で参考にさせてもらい、今後の救急活動に活かしていきます」との感想を頂戴しました。

オープンカンファレンス

今後もカンファレンスを通じて地域の医療従事者の皆さんと脳卒中の知識を共有していければと考えております。

 

若草第一病院のオープンカンファレンスは年4回開催しており、次回開催は決まり次第、当院ホームページ等でご案内いたします。

 

地域医療支援病院研修会 ご案内

 

 

若草第一病院 地域連携課

開催報告:第54回地域医療支援病院研修会(’21.07.21)

2021年07月29日

若草第一病院は地域医療支援病院として、オープンカンファレンスや研修会を定期的に開催しております。
地域の医療機関や関連機関の皆様と顔の見える関係を築き、緊密な連携や相互の医療の質の向上を目指しています。

 

会 名  第54回地域医療支援病院研修会
日 時  2021年7月16日(金)15時半~16時半
場 所  若草第一病院 管理棟2階会議室
対 象  地域の医療機関、介護施設などの医療従事者など
参 加  21名
内 容  コロナウイルスワクチンの有効性と必要性~今までのワクチンと何が違うの?~
講 師  若草第一病院 薬剤部 部長 上田展代

今年度の初回となりました地域医療支援病院研修会は、 「コロナウイルスワクチンの有効性と必要性 ~今までのワクチンと何が違うの?~ 」と題し、当院の薬剤師がお話しさせていただきました。 医療従事者の方々はこれから接種する或いは検討している方々より質問される機会も多いのではないでしょうか。そんな時、少しでも有益な情報を提供できたらということで今回のテーマを選びました。 まず、コロナウイルスについて現時点で分かっていることについて、次に一般的なワクチンの知識としてその種類やメカニズムなどについてご説明しました。 続いてコロナウイルスワクチンの有効性と安全性、接種にあたっての注意事項、そして最後にワクチンの必要性について解説いたしました。

 

研修会後のアンケートでは、「患者さんに説明をする際の自信が持てた」との感想や、「接種の対象年齢が下がることによる影響が心配」といったご意見を頂戴しました。新しいワクチンであるため接種することに不安や抵抗がある方が多くおられることを実感しました。新しい情報や根拠に基づく正確な情報を提供し、理解を深めるための場として今後も研修会を通じて地域に貢献していきたいと思います。

 

若草第一病院の地域医療支援病院研修会は、次回8月13日(金)の開催を予定していますが、新型コロナウイルス感染症の状況により中止となる場合もございます。最新情報は当院ホームページ等でご案内いたします。 研修会で取り上げてほしいテーマについてのご要望などは引き続き募集しております。是非ご意見をお寄せください。

 

地域医療支援病院研修会 ご案内

 

 

若草第一病院 地域連携課

漢方薬についてのQ&A

2021年07月13日

漢方薬についてどんなイメージをお持ちでしょうか?「副作用が少なくて安全」「粉や苦みで飲みにくい」「いつまで飲み続けるのか」等、色々あるでしょう。そのような漢方薬にまつわるQ&Aをいくつか紹介します。

 

副作用が少ない、あっても症状は軽い?

症状と体質に合わせて処方される漢方薬ですが、副作用はゼロではありません。約7割で配合されている「甘草」を含む漢方薬(例:芍薬甘草湯)では、カリウム値が下がって浮腫や脱力感、血圧上昇等を起こす事があります。カリウム値を下げてしまう利尿薬等と一緒に飲んでいる場合や、甘草を含む漢方薬を重ねて飲んでいる場合には、症状がより強く出てしまう事もあり、注意が必要です。

 

粉や苦みがあって飲みにくいのですが?

袋の上から押さえて粒を小さくする方法や、先に水を口に含み、後から漢方薬を口に入れて溶かし、飲み込む方法があります。○○湯という漢方薬なら、白湯に溶かしてから飲むのもおススメです。味が苦手な方は、オブラートで包んだり、服薬ゼリーに混ぜるのも有りです。

 

いつごろ効いてくるの? いつまで飲み続けるの?

最初の目安としては、先ずは2週間くらいといわれています。副作用が見られたら中止となりますが、体調が悪くなっていなければ3か月くらいかけて様子を見る事が多いとされています。「ずっと飲んでいても問題ない」といったイメージを持たれる事もありますが、症状が良くなれば、減量や中止する良いタイミングです。 処方医や薬剤師に相談してみましょう。

 

最近では、様々な病気の治療方法の手引きにも漢方薬が掲載される様になり、漢方専門医以外の医師でも処方されています。上手に付き合い治療に役立てましょう。

若草第一病院 薬剤部

開催報告:第53回地域医療支援病院研修会(’21.03.25)

2021年03月31日

若草第一病院は地域医療支援病院として、オープンカンファレンスや研修会を定期的に開催しております。
地域の医療機関や関連機関の皆様と顔の見える関係を築き、緊密な連携や相互の医療の質の向上を目指しています。

 

会 名  第53回地域医療支援病院研修会
日 時  2021年3月25日(金)15時半~16時半
場 所  若草第一病院 南館1階 リハビリ室(2)
対 象  地域の医療機関、介護施設などの医療従事者など
参 加  16名
内 容  認知症の理解 ~認知症の人とその家族への支援~
講 師  若草第一病院 看護部 認知症看護認定看護師 中津麻希

今年度最終回となりました今回の地域医療支援病院研修会は、「 認知症の理解 ~認知症の人とその家族への支援~ 」と題し、認知症看護認定看護師がお話しさせていただきました。
「認知症」は病気の名前ではなく特有の症状や状態を表す総称で、原因となる疾患により様々あります。今回は中でも代表的な、血管性認知症やアルツハイマー型認知症、前頭側頭葉変性症、レビー小体型認知症の臨床経過や特徴について解説しました。 また、認知症の介護者の心の負担を軽減するための「5つの心得」と「7つの原則」についても紹介させていただきました。

研修会後のアンケートでは「今日の内容をもう一度聞きたいぐらいよかった」、「認知症全般より、アルツハイマー型など症例ごとに回数を分けてより詳しく聞いてみたい」といった感想を頂戴しました。

 

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で一時中断させていただきましたが、本日の会をもちまして全て開催することができました。
ご出席いただきました皆様、ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。次年度も、皆様からのご意見をもとによりよい研修会の開催に努めてまいります。

 

若草第一病院の地域医療支援病院研修会は、年7回の開催を予定しております。
次回開催日程やテーマは決まり次第、随時ホームページにてご案内いたします、研修会で取り上げてほしいテーマについてのご要望などは引き続き募集しております。是非ご意見をお寄せください。

 

地域医療支援病院研修会 ご案内

 

 

若草第一病院 地域連携課

開催報告:第52回地域医療支援病院研修会(’21.03.19)

2021年03月24日

若草第一病院は地域医療支援病院として、オープンカンファレンスや研修会を定期的に開催しております。
地域の医療機関や関連機関の皆様と顔の見える関係を築き、緊密な連携や相互の医療の質の向上を目指しています。

 

会 名  第52回地域医療支援病院研修会
日 時  2021年3月19日(金)15時半~16時半
場 所  若草第一病院 管理棟2階 会議室
対 象  地域の医療機関、介護施設などの医療従事者など
参 加  11名
内 容  新型コロナウイルス感染症と医療機関における感染対策
講 師  若草第一病院 医療安全部 感染対策室 感染管理認定看護師 落合麻美

昨年11月の開催以降、緊急事態宣言などにより一時中断しておりました当会再開後の第一弾は、やはり今皆さんが最も関心を寄せているだろうという事で当院の感染管理認定看護師より、新型コロナウイルス感染症と医療機関における感染対策について解説させていただきました。
今回は新型コロナウイルスに関する知識や感染対策に加え、ワクチン接種に関しての話題もありました。

 

 

講義後には在宅での接し方、老健入所者の受け入れの際の対応、診療所での感染予防と幅広い内容についての活発な意見交換もあり、有意義な情報交換の場になったと思います。

 

若草第一病院の地域医療支援病院研修会は、次回3月25日(木)の開催を予定しています。
研修会で取り上げてほしいテーマについてのご要望などは引き続き募集しております。是非ご意見をお寄せください。

 

地域医療支援病院研修会 ご案内

 

 

若草第一病院 地域連携課

開催報告:第54回地域医療支援病院オープンカンファレンス(’21.03.11)

2021年03月24日

若草第一病院は地域医療支援病院として、オープンカンファレンスや研修会を定期的に開催し、地域の医療機関の皆さんと顔の見える関係を築き、緊密な連携や相互の医療の質向上を目指しています。

 

会 名  第54回地域医療支援病院オープンカンファレンス
日 時  2021年3月11日(木)15時30分~
場 所  若草第一病院 管理棟2階 会議室
対 象  地域の開業医の先生、消防局の救急隊員など
参 加  18名
内 容

 1)症 例「脳卒中症例における救急隊の活動について」
    講   師:東大阪市消防局 東消防署 東救急隊 中西 健

 2)「脳卒中搬送症例の検討と神経学的所見の見方(2)」
    講 師:脳神経外科 診療部長 熊谷 哲也

 

今回のオープンカンファレンスでは、東大阪市消防局 東消防署 東救急隊の救急救命士さんが経験した、当院への脳卒中ホットラインを活用した搬送症例について報告されました。
2例目は当院脳神経外科診療部長より、脳出血患者の症例について意識障害と瞳孔所見にスポットをあてて解説いたしました。
その他にも、脳卒中症例において見逃してはいけない観察所見や収集すべき情報についても意見交換がされました。

オープンカンファレンス

オープンカンファレンスなどを通じて救急隊の皆さんと共に切磋琢磨し、脳卒中患者さんの搬送時間短縮、治療に努めてまいります。

 

若草第一病院のオープンカンファレンスは年4回開催しており、次回開催は決まり次第、当院ホームページ等でご案内いたします。

 

地域医療支援病院研修会 ご案内

 

 

若草第一病院 地域連携課

エール年賀をいただきました!

2021年01月06日

はるばる岩手県よりエール年賀が届きました。
コロナ禍の中、頑張る人々に年賀状を送り応援する気持ちを届けようと送ってくれたようです。
嬉しいですね、優しい気持ちにほっこりします。

 

まだまだ正念場が続きますが、若弘会職員一同地域の方々と協力して、頑張ってまいります!
ありがとうございました!

 

若草第一病院