初期臨床研修医 プログラム

1.プログラムの名称

若草第一病院病院群初期臨床研修プログラム

2.プログラムの特色

地域医療の基幹病院として、一般診療、救急医療を通して、プライマリ・ケアを中心に幅広い診療能力を身につけさせ、呼吸、循環、代謝などの全身管理を習得させるとともに、チーム医療の一員としての役割を自覚し、医師として必須の人格を涵養することを目指す。

3.臨床研修の目標

  1. 行動目標 : 医療人としての必要な基本姿勢・態度を身につける。
  2. 経験目標 : 経験すべき診察法・検査・手技・症状・病態・疾患を定め研修を行う。また、地域保健・医療として、介護老人保健施設を研修し、社会福祉施設等の役割について理解し、実践する。

4.研修理念

医師としての人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につける。

5.研修計画

  1. 定員 : 2名/年
  2. 研修方法 : 指導医の指導のもとに入院患者、外来患者の診療にあたり実地修練する。

6.研修内容

研修カリキュラムは厚生労働省が定めた「行動目標」「経験目標」に準じて行う。あくまで医師として基本的な臨床の知識と技能を習得しプライマリ・ケアに対応できる医師としてのトレーニングを考え、ローテーションを行うものとする。

7.指導体制

プログラムの管理運営は臨床研修委員会が前年度および、その年度の研修評価を行い、それに基づいてプログラムの計画と必要な修正を行い、上記委員会が原案で協議して作成したものを病院の運営会議に答申して決定する。その内容は公表され、別冊の研修指針と共に研修希望者および指導医全員に配布される。
内科、外科、小児科等では上級医と共に1年目は4〜8人、2年目は8〜15人の患者を受け持つ。救急部門および内科ローテイト中(1年目の前半)は、救急診療医の下で救急外来を担当する。なお、当直時間帯では、各科当直医の指導下で救急診療にあたる。

厚生労働省の新医師臨床研修制度に準拠する。

研修期間割と研修医配置予定

必修科目期間 : 16ヶ月、選択科目期間 : 8ヶ月

初期研修医ローテーション

初期研修医ローテーション

 
  • ・選択科目は、内科(呼吸器・循環器・消化器・総合内科)、小児科、麻酔科、救急、外科、脳神経外科、整形外科を最大8ヶ月間研修する。
  • ・選択科研修の際に、未研修項目を重点的に回る。
  • ・内科、外科、小児科研修および地域医療研修において、一般外来研修と並行研修を行う。