医療機器・設備

64列マルチスライスCT装置
1.5テスラMRI
バイプレーンFPD血管撮影装置(2室)
マンモグラフィ装置
デジタルラジオグラフィー(2台)
放射線治療装置(ライナック)
核医学検査(SPECT)
X線TV装置(2台)
経皮的心肺補助装置(PCPS)
腹腔鏡手術装置
関節鏡手術装置
人工関節置換術 ナビゲーションシステム
手術用マイクロ顕微鏡
体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)
レーザー結石破砕装置
炭酸ガスレーザー手術装置
白内障手術装置
脳卒中センター
内視鏡センター(超音波内視鏡装置 コンベックスEUS、NBIシステム、高周波手術装置)
陰圧室(3室:感染症対応)
手術室(4室うち無菌手術室1室)
人工透析室(22台)
病理解剖室
日帰り手術設備 など

 

東芝社製64列CT

心臓CT、3D-CTangio、バーチャル内視鏡ビュー、急性期脳血流測定が可能です。 血栓溶解療法には必修で、1時間以内で結果が出せます。

MRI

フィリップスメディカルシステムの1.5tesla MRIの中でも 最上級グレードのAchieva Nova Dualです。

 

放射線治療装置(ライナック)

 

最新鋭の放射線治療装置(エレクタ社製 Elekta Synergy)を導入し、高精度な(IGRT、VMAT)が可能になりました。

 

フラットパネル方式バイプレーン血管造影装置(デジタルアンギオ装置)(DA)

1回の造影剤の注入で2方向の撮影ができ、造影剤の使用量を抑えることができます。フラットパネルになり、患者さんの被ばくを低減できる装置です。

心エコー図(経胸壁・経食道)

最新の心超音波検査装置により鮮明な画像が得られ、 非侵襲的かつ簡便に、心臓の精査が可能になりました。

 

核医学検査(心筋シンチグラム)

負荷心筋シンチにより、虚血性心疾患の診断が精度よく可能になりました。 その他、心筋代謝や心臓の交感神経活性も見ることができます。

経皮的心肺補助装置(PCPS)

PCPSは遠心ポンプと膜型人工肺を用いた人工心肺装置です。この装置は人工心肺装置と言っても開胸操作を必要とせず、大腿動静脈にカニュレーという管を挿入する事により全身の循環維持が可能となります。心筋梗塞や心肺停止、重篤な呼吸器疾患などで使用する心臓と肺の機能の役割を代行する(補助する)装置で、迅速にアプローチが出来るため、当院でも救急の分野で広く使用し、充実した対応が可能となりました。

脳血流測定(SPECT)

123I-IMP、ECDなどの核種で脳血流の評価を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

脳血管撮影装置 (フラットパネル方式 バイプレーン3Dアンギオシステム)

最新の3Dアンギオを導入(H25年10月)し、診断だけでなく脳血管カテーテル手術など幅広く対応しています。

電動式可搬型吸引器 Penumbraアスピレーションポンプ

脳梗塞における血栓吸引システムです。

 

 

内視鏡手術装置 関節鏡

従来の関節鏡を使用しない手術法と比較すると、正常組織を傷つけにくく、傷みが少ないため患者さんへの負担が少ないという利点があります。また、美容的観点からも手術の傷跡は多くの場合、非常に小さく低侵襲手術と言われています。当院では肘、膝関節、手・足関節、肩関節などの手術に積極的に使用しています。

内視鏡手術装置 脊椎鏡

脊椎・脊髄病を治療対象としており、保存加療で効果がない場合に脊椎内視鏡を用いた高度な低侵襲手術を行います。

 

 

 

 

 

人工関節置換術 ナビゲーションシステム

人工関節置換術を実施する際に使用する、コンピューター支援手術システムです。治療する部位と手術器具の位置関係をリアルタイムでコンピューター画面上に表示することができ、安全で高い精度の手術を可能としています。人工股関節置換術の全例で使用しています。

 

超音波手術器 SONOPET

 

超音波により骨を削ったり、軟部組織を乳化しながら吸引します。

NBIシステム(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)

青色光と緑色光を利用して、粘膜表層部と深部の血管を鮮明に表示します。

超音波内視鏡装置(コンベックス EUS)

EUSは体表超音波と異なり、超音波を体内から発信し、腸管ガスの影響を受けず目的の臓器に近接することが可能です。また、膵については死角になりやすい膵頭部・膵尾部が容易に観察できるといった利点があります。

血液浄化用装置 (TR55X)

 

 

 

 

 

体外衝撃破結石破砕装置 (SIEMENS LITHOSKOP)

体外衝撃破結石破砕術(ESWL):衝撃波を発生させ結石に集中照射して結石を 細かく粉砕し、尿とともに体外へ自然排出させる治療に用います。

炭酸ガスレーザー手術装置

 

主に黒子(ほくろ)やいぼなどの皮膚腫瘍の切開や蒸散を得意とした治療機器です。

 

 

自動染色装置(免疫染色)

HE染色から推定される病気に対して抗原抗体反応を利用して病変をより特異的に染め分ける装置です。

 

自動染色装置(特殊染色)

特殊染色はHE染色の補助的染色であり、特定の部位を特異的に染めだす装置です。HE染色のみでは鑑別できない症例に対して実施されます。

その他消化器内科では胆管鏡、膵管鏡、アルゴン・プラズマ凝固装置、 ラジオ波焼灼装置を、泌尿器科ではレーザー結石破砕装置を導入しています。