消化器内科研究業績

2018年

1.学会発表等

1-1 金山裕一,岡田章良,岡本麻知子,瀬川哲也,親泊智英,龍華庸光,大橋理奈,北野厚生:単純CT所見が内視鏡での病変発見に有用であった3例の報告,第100回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,大阪,2018.05.26(口演)
1-2 大橋理奈:肝硬変治療マネージメント,河内医師会学術講演会,大阪,2018.10.17(口演)

2017年

1.学会発表等

1-1 岡田章良:~決して希少病でない難治性腸疾患~ 潰瘍性大腸炎について,河内医師会4月度学術講演会,大阪,2017.04.19
1-2 岡田章良:当院で経験された若年発症大腸がんの2例について,第15回日本病院総合診療医学会 学術総会,千葉,2017.09.15
1-3 岡田章良:当院で経験された5ASA不耐例,第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会,京都,2017.11.18
1-4 岡田章良:当院で経験された潰瘍性大腸炎に合併したMucinous cystadenomaの一例 ,第8回日本炎症性腸疾患学会 学術集会,東京,2017.12.01

2016年

1.学会発表等

1-1 岡本麻知子,岡田章良,高月権治,瀬川哲也,中山雅臣,親泊智英,山口敬,山下和邦,大橋理奈,北野厚生: Mesalazine不耐に腸管感染症の合併が示唆された潰瘍性大腸炎の一例, 日本消化器病学会近畿支部第104回例会,大阪,2016.02.06
1-2 河本健吾, 岡田章良,高月権治,瀬川哲也,中山雅臣,山口敬,親泊智英,山下和邦,大橋理奈,北野厚生: Fisher症候群を合併した潰瘍性大腸炎の1例, 第211回日本内科学会近畿地方会,大阪,2016.03.26
1-3 大橋理奈:肝硬変の治療マネージメント-ガイドラインに沿って-,枚岡医師会,大阪,2016.05.24
1-4 大橋理奈:当院でのtolvaptan使用経験の検討,肝臓病治療学術講演会,2016.07
1-5 谷澤直,岡田章良,岡本麻知子,金山裕一,高月権治,瀬川哲也,親泊智英,山下和邦,大橋理奈,北野厚生: 消化管内結石によるイレウス患者に認めたInflammatory myoglandular polypの1例, 日本内科学会第213回近畿地方会,大阪,2016.09.24
1-6 金山裕一,岡田章良,岡本麻知子,高月権治,親泊智英,山下和邦,大橋理奈,北野厚生: 当院で経験した好酸球性胃腸症の3例,日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会,京都,2016.11.26
1-7 岡田章良:IBDの病態と治療の概要,一般社団法人 大阪府病院薬剤師会 第13支部研修会,大阪,2016.12.06

2015年

1.学会発表等

1-1 岡本麻知子:類天疱瘡に腸管気腫症を合併した一例,日本消化器病学会近畿支部第102回例会,京都,2015.2.21
1-2 大橋理奈:化学療法、免疫抑制剤、生物学的製剤におけるHBV reactivationの経験,第3回東大阪リウマチ医療を考える会,大阪,2015.06.06
1-3 大橋理奈:当院における経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の現状とPEG前に嚥下機能評価を行った症例に関する検討,日本消化器内視鏡学会近畿支部第94回支部例会,大阪,2015.6.20
1-4 岡本麻知子:Mesalazing不耐症を疑った一例,第30回IBDクラブジュニアウエスト,大阪,2015.8.29
1-5 岡田章良:当院における大腸ポリープEMR・ポリペクトミーについて,第29回日本臨床内科医学会,熊本,2015.10.11-12

 

2.学術論文

2-1 小島夫美子,岡田章良,藤本秀士:内視鏡によりヒト体内から摘出されたAnisakis simplex幼虫の情報解析,Clinical Parasitology,26(1):24-27,2015.12

 

2014年

1.学会発表等

1-1 金道勇気,米田頼晃,小田道夫,高月権治,親泊智英,山下和邦,大橋理奈,江口次郎,中本博之,北川克彦,小坂博之,北野厚生,山中英治:アルコール性肝硬変に合併した腸間膜静脈血栓症の1例,第100回日本消化器病学会近畿支部例会,大阪,2014.2.22

 

2.学術論文

2-1 大橋理奈:【ぜ〜んぶカラーイラストでパッとみてわかる!消化・吸収・代謝のメカニズム】 代謝臓器のしくみとはたらき 胆嚢・胆管,Nutrition Care, 7(4),344-347,2014.04
2-2 大橋理奈:【ぜ〜んぶカラーイラストでパッとみてわかる!消化・吸収・代謝のメカニズム】 代謝臓器のしくみとはたらき 肝臓,Nutrition Care, 7(4),340-343,2014.04
2-3 親泊智英:重症難治性潰瘍性大腸炎に対するpH依存型メサラジン錠の有用性の検討:消化器の臨床, 17(3),272-282,2014.06

 

2013年

1.学会発表等

1-1 米田頼晃,江口次郎,高月権治,長野青史,山下和邦,北野厚生:IBD(炎症性腸疾患)と感染性腸炎等の鑑別に臨床経過は役立つか?,症例検討,第196回大腸疾患研究会,大阪,2013.2.8
1-2 米田頼晃,高月権治,親泊智英,長野青史,山下和邦,大橋理奈,江口次郎,北野厚生:診断困難な腸炎の1症例,第10回臨床消化器病,大阪,2013.6.1
1-3 高月権治,江口次郎,長野青史,山下和邦,米田頼晃,北野厚生:経直腸的前立腺生検後1週間で血便を発症した症例,日本消化器内視鏡学会近畿支部第90回支部例会,大阪,2013.6.22
1-4 山下和邦,金森厚志,高月権治,長野青史,米田頼晃,江口次郎,北野厚生:上部消化管内視鏡施行時に胃静脈瘤破裂を呈した1例,第86回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2013),東京,2013.10.10
1-5 貫さとみ,今井順子,辰己雅,藤村祐実子,松田真一,小林由佳,森村麻衣,米田頼晃:当院における尿素呼気検査の現状,第17回大阪病院学会,大阪,2013.10.20
1-6 金森厚志,米田頼晃,高月権治,親泊智英,長野青史,山下和邦,大橋理奈,江口次郎,北野厚生:ステロイドが著効した若年男性の好酸球性胃腸炎の1例,日本消化器内視鏡学会近畿支部第91回支部例会,大阪,2013.11.16
1-7 江口次郎,米田頼晃,大橋理奈:大腸ESDにおける直腸と深部結腸の困難病変の切除について―直腸、横行結腸、回盲部病変の切除の実際より,日本消化器内視鏡学会近畿支部第91回支部例会(ビデオシンポジウム),大阪,2013.11.16
1-8 金森厚志,米田頼晃,高月権治,親泊智英,長野青史,山下和邦,大橋理奈,江口次郎,北野厚生:内視鏡治療後にAeromonas hydrophila敗血症を発症した1例,第202回日本内科学会近畿地方会,大阪,2013.12.14

 

2012年

1.学会発表等

1-1 高月権治,北野厚生,江口次郎,長野青史,小坂博久,玉井千里:大腸鋸歯状病変から癌化を来した2症例,一般演題,日本消化器内視鏡学会近畿支部第89回支部例会,大阪,2012.11.10
1-2 江口 次郎,長野 青史,高月 権治,北野 厚生:食道亜全周性ESD後の狭窄予防にステロイド局注療法が有効であった1症例,一般演題,日本消化器内視鏡学会近畿支部第89回支部例会,大阪,2012.11.10
1-3 福島茂樹,高月権治,長野青史,山下和邦,米田頼晃,北崎和久,江口次郎,北野厚生:抗TNFα抗体薬投与経過中に感染性心内膜炎(IE)を発症したクローン病(CD)の1例,一般演題,第199回日本内科学会近畿地方会,大阪,2012.12.8

 

2011年

2.学術論文

2-1 北野厚生:潰瘍性大腸炎長期予後(10年以上経過観察例)に関する臨床検討,新薬と臨牀,(株)医薬情報研究所,60:56-65,2011

 

2006年〜2010年

1.学会発表等

1-1 竹内珠貴,長野青史,米田頼晃,岡本純一,山本晃久,金鎬俊:診断に苦慮中の出血性腸炎の1例,第15回中河内消化器病研究会,大阪2010.8.28
1-2 米田頼晃,石井望人,高月権治,城順也,岡本純一,長野青史,小谷晃平,落合健,北野厚生:地域一般病院における高齢者胃腫瘍のESDの現状と問題点,第79回日本消化器内視鏡学会総会,東京,2010.5.14
1-3 米田頼晃,中村志郎,落合健,岡本純一,北野厚生:内視鏡診断が有用であった腸結核の1例,第84回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,大阪,2010.3.13
1-4 岡本純一,米田頼晃,長野青史,落合健,北野厚生:中等度以上の潰瘍性大腸炎に対する高用量ステロイド・血球成分除去療法による同時併用療法の検討,第92回日本消化器病学会地方会,大阪,2010.2.27
1-5 米田頼晃,石井望人,中村志郎,北野厚生:術後16年後に再発したと思われる小腸GISTに対してイマチニブが有効であった1例,第92回日本消化器病学会地方会,大阪,2010.2.27
1-6 高月権治,岡本純一,長野青史,米田頼晃,落合健,北野厚生,山中英治:イマチニブが著効し切除しえた十二指腸GISTの1例,第14回中河内消化器病研究会,大阪,2010.2.27
1-7 米田頼晃,北野厚生:原因不明の腹腔内腫瘍の1例,第3回臨床消化器病研究会,大阪,2009.11.7
1-8 長野青史,米田頼晃,落合健,北野厚生:椎茸の嵌頓による食道潰瘍が遅発性に穿孔し胸膜炎を起こした1例,第83回日本消化器内視鏡学会近畿地方会,京都,2009.9.19
1-9 長野青史,米田頼晃,落合健,野村勉,北野厚生:ダブルバルーン小腸内視鏡で治療しえた空腸憩室出血の1例,第82回日本消化器内視鏡学会地方会,大阪,2009.3.14
1-10 加藤邦洋,長野青史,米田頼晃,落合健,森益規,野村勉,足立規子,北野厚生:貧血を契機に診断しえた感染性心内膜炎の1例,第182回日本内科学会近畿地方会,京都,2008.11.29
1-11 岡本純一,野村勉,加藤邦洋,長野青史,米田頼晃,落合健,北野厚生:治療に難渋した十二指腸憩室出血の1例,第89回日本消化器病学会近畿支部例会,2008.9.27

 

2001年〜2005年

3.著書

3-1 北野厚生:腸結核・内科学書Vol.4,消化管・腹膜疾患,肝・胆道・膵疾患,2002
3-2 北野厚生:放射線性腸炎・内科学書Vol.4,消化管・腹膜疾患,肝・胆道・膵疾患,2002

 

1996年〜2000年

2.学術論文

2-1 北野厚生,大庭宏子,足立賢治,平谷定彦,ほか:潰瘍性大腸炎.Progress in Medicine 19(7):205-220,1999
2-2 北野厚生:潰瘍性大腸炎の対応と対策.老年医学87(5):695-700,1999
2-3 北野厚生,押谷伸英,松本誉之,中村志郎,大川清孝:潰瘍性大腸炎とCrohn病の診断基準., 内科82(2):239-246,1998
2-4 北野厚生,松本誉之,押谷伸英,大川清孝:アメーバ赤痢.胃と腸32(3):481-487,1997
2-5 北野厚生,押谷伸英,松本誉之,大川清孝:潰瘍性大腸炎の内科的治療,ModermPhysician17(6):757-761,1997

 

3.著書

3-1 北野厚生,松本誉之:難治例の治療.炎症性腸疾患一潰瘍性大腸炎とCrohn病のすべて,医学書院,223-225,1999
3-2 北野厚生,鈴木典子,松本誉之:生検.大腸内視鏡検査ハンドブック第12章,日本メディカルセンター, 143-146,1999
3-3 北野厚生,押谷伸英,松本誉之:妊娠中の治療と生活管理.炎症性腸疾患の臨床第5章,日本メディカルセンター,146-147,1998
3-4 北野厚生,松本誉之,押谷伸英,大川清孝:Crohn病の診断基準.炎症性腸疾患の臨床第1章,日本メディカルセンター,24-27,1998
3-5 北野厚生,京極郁男,池原照幸,押谷伸英,松本誉之,大川清孝:単純性潰瘍と腸管ベーチェット病.,カレント内科12,大腸疾患,金原出版,89-98,1997
3-6 北野厚生:潰瘍性大腸炎の内科治療.消化管の臨床3 11-14,1997
3-7 北野厚生:アメーバ赤痢の診断と治療.内科治療Q&A第32号,六法出版社,704-705,1997

 

1991年〜1995年

2.学術論文

2-1 Kitano A,Matsumoto T,Nakamura S,Obata A,Oshitani N,Okawa K,Kobayashi K:New treatment of ulcerative colitis with K-76.Dis Colon Rectum 35:560-567,1992[ PubMed ]

 

1986年〜1990年

2.学術論文

2-1 Atsuo Kitano,Takayuki Matsumoto,Masato Hiki,Hidechika Hashimura,Katsujiro Yoshiyasu,ほか:Epithelial Dysplasia of the Rabbit Colon Induced by Degraded Carrageenan.CANCER RESEARCH 46:1374-1376,March 1986 [ PubMed ]
2-2 Atsuo Kitano,M.D.,Kiyotaka Okawa,M.D.,Akishige Obata,Nobuhide Oshitani,Katsujiro Yoshiyasu,ほか:The Leading Cord Method of Colonofiberscopy.Diseases of the Colon & Rectum,29(12),December,1986 [ PubMed ]