社会医療法人若弘会 在宅部門ブログ

印象に残っている利用者さんとの関わり

2022年07月26日

印象に残っている利用者さんとの関わり

 

わかくさ老人訪問看護ステーション
看護師 奥山 聖子

 

「永久気管孔」をご存知でしょうか。
芸能人ではシャ乱Qのつんく♂さんが喉頭癌で声帯を取る手術をされました。その手術で出来た、首に開いた気管の通り道が、「永久気管孔」です。
今までの声は失われてしまう、大きな手術となります。

新人の頃、病棟で初めて受け持ったのが、その手術をされてる方でした。
寿命と声を天秤にかけて手術を決め、辛い安静期間を乗り越え、手術してからは生活に戸惑い、コミュニケーションに消極的になられました。退院が決してゴールではなかったです。退院後、病棟によって元気な姿を見せてくださった時には、それは嬉しかったのを覚えています。

在宅でも同じ手術を受けた方に何人か出会いました。あの辛い時期を乗り越え、今過ごされてるんだと思うと、特別元気でいてほしいと思います。

どの病気・経過を辿られた利用者さんへも同じ思いです。いろんな過程を乗り越えて今を過ごされています。それを想像しながら、これからも訪問看護と言う形でお手伝いできたらと思います。

訪問看護って面白い 

2022年06月10日

訪問看護って面白い 

 

日本橋老人訪問看護ステーション

看護師 平井恵美

 

 最初に訪問看護の面白さを感じたのは、在宅実習の時でした。病院実習ばかりの中、利用者さんのお家に行かせていただき、その方やご家族の生活の場で検温やオムツ交換をしているのが新鮮でした。病院じゃないのに、お家なのに、色々できるんだ、すごいな、と感じていました。実習先の看護師さんと利用者さんが、まるでご近所さんとお話しているかのように楽しそうに世間話されていたのも印象的で、そういうのも面白いなと感じていました。

 

 私が訪問看護師になってから、半年程経過しました。以前は病棟で働いていたので、仕事中は滅多に病院から出ることはなかったですが、今は毎日自転車を漕いでいます。つい最近まで、桜が綺麗に咲いていました。春の風を感じながら、利用者さんのご自宅へ向かっていました。利用者さんに「桜、綺麗ですね」と伝えると「そうやろ、この辺の桜が一番やねん」と笑顔で応えてくださりました。仕事中に季節を感じ、それを利用者さんと共有できることも面白いですよね。

 

 また前述したように、生活の場で看護を行うので、ベッドの種類や位置だったり、利用者さん誰1人として同じ環境はないです。物品だって、全部が全部揃っているわけではないので、お家にあるものを工夫してケアを行っていきます。陰部洗浄を行うときにペットボトルを陰部洗浄ボトルとして再利用し使用しているのですが、それを見た利用者さんやご家族が「すごい、こんなので出来るんや! 面白い!」と感心されていたことがありました。そうですよね、私も初めて見たときは驚きましたし、実際に見てみるまでその発想はなかったです。すごいですよね。

 

 どうですか、訪問看護って面白くないですか? こんな感じで私は毎日、訪問看護って面白い、って思いながら仕事をしています。

新卒訪問看護師2年目になりました!

2022年05月24日

新卒訪問看護師2年目になりました!

 

わかくさ老人訪問看護ステーション小阪サテライト

芦髙 侑平

 

  こんにちは、新卒訪問看護師2年目の芦高です。私は訪問看護師に憧れ、看護師を目指しました。新卒での訪問看護師の採用はまだまだ珍しく、そんな中私の地元である東大阪市で採用していただけたことはとても若弘会にご縁を感じています。
訪問看護師としての毎日はとても新鮮で、楽しく勤務しています。日々先輩からアドバイスをいただき、また利用者様からも学ばせていただき、と充実した時間を過ごしています。訪問看護師として働くことは私にとって天職だと心から感じています。

そんな私ですが、訪問看護と同じぐらい力を入れていることがあります。それは「空手」です!実は空手の中にはルールがいくつかあります、その中でも私は「フルコンタクト空手」というルールの競技を行っています。5歳から修行してきた空手ですが、コロナ禍では試合も中止になり練習に参加する意欲がなかなか湧かず去年は良い成績を残すことができなかった一年でした。しかし利用者様が私の体格を見て、「何かスポーツをしているの?」「空手?すごいね!頑張ってね!」と声をかけてくださることもあり、「今年は全日本大会優勝を目指そう!」と思い、稽古に励んでいます。これからも「戦う看護師」として訪問看護と空手の両立を目指し、日々頑張ります!

新しく管理者になりました

2022年05月11日

新しく管理者になりました

わかくさ老人訪問看護ステーション
看護師 星野 綾
 

  風に揺れる青葉や花壇の花たちが心地よく、ふと深呼吸し気分転換したくなる季節になりました。バイクの訪問では、四季の移り変わりを日々肌で感じます。
 訪問看護では様々な利用者さま、ご家族さまの生活や思いに触れる中で、その人が望まれる生活が出来るよう支援しています。これからも一人ひとり、それぞれの思いに寄り添えるような関わりが出来るようスタッフ一同努めてまいります。
そしてこの春から、わかくさ老人訪問看護ステーションの管理者になる運びとなりました。制度や連携、4月から当ステーションで担う教育ステーションについてなど、まだまだ勉強段階ですが、一歩ずつ学んでいきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

新年度を迎えて

2022年04月20日

新年度を迎えて

 

在宅医療長 川合 右展

  新型コロナウイルス感染症の拡大から、2年以上が経過しました。人々の生活や働き方はコロナと共存する形に変わってきています。社会医療法人若弘会の在宅医療では、職員が積極的に創意工夫をしながらサービス提供を継続してきました。新しい働き方に取り組む中で、情報の共有を大事にしながら業務をやり遂げることで、コロナ禍でも患者さんとの関係を深めることができました。

全員がチームの仲間や患者さんとの「絆」を大事にしてきました。

 わかこうかいクリニックでは2010年4月より訪問診療を開始しました。訪問診療患者数は191名(2022年4月1日現在)、2021年度看取り患者数は53名で、少しづつではありますが地域の在宅医療の発展に貢献できるようになりました。

 新型コロナウイルス感染症との戦いは続きますが、これまでどおり私たちの役割を果たしていきたいと考えます。今後も私たちはお互いを高め合うチームとして結束を強め、個人として組織として成長できよう努力してまいります。

 

桜の力

2022年03月31日

桜の力


在宅医療 副医療長 村井 容子

 

   都会の商店街、まん延防止等重点措置が解除になり人通りも少しずつ戻ってきました。昨日、よくお世話になっている飲食店で昼食を済ませ、少し時間に余裕があったので遠回りをして職場に戻ることにしました。今の部署に配属になって4年。初めて商店街の裏通りを歩くと、なんと桜の花が満開で桜提灯がより一層、桜の美しさを際立たせていました。日頃写真に興味がない私ですが、あまりの美しさに携帯電話でバシャッ。何枚かパシャッ、パシャッと撮っていくうちに心温かく幸せな気分になりました。

 

   新年度、社団の訪問看護では、新人看護師2名が仲間に加わりました。現在、新人看護師たちは社団内の若草第一病院で看護技術研修を受けています。研修は5日間続きますが、研修を通して看護を学ぶだけではなく、病院に配属された新人たちとも関係性を築けることを祈っています。一人前の看護師になれるまでまだまだ長い道のりですが、たくましく元気に、そして患者さんに寄り添えるような看護師に育ってほしいと思います。

作業療法ってな~んだ?

2022年02月17日

作業療法ってな~んだ?

~皆様にとって、大事な作業は何ですか?~

わかくさ老人訪問看護ステーション

作業療法士  野出 恵美

 

突然ですが、皆様の趣味や好きなこと、日々の楽しみは何ですか?

旅行、釣り、ゴルフ、買い物、美味しいものを食べること……

家の中では

・食後にコーヒーを飲む

・コタツで好きなテレビ番組を観る

・家族のために家事をする

・身の周りのことを自分でする

・家のお風呂に浸かり、ゆっくりくつろぐ

・いつもの椅子に座り、家族と一緒に食事をとる……等

人によってそれぞれ違うと思いますが、目的や価値を持つ作業が必ずあると思います。

 

しかし病気や怪我をし、体や心に不自由を感じると、いつも当たり前にしていたことが、できなくなってしまう方もおられます。

 

作業療法とは、このような方々に、当たり前の生活、生きがい、日々の楽しみを取り戻すことをお手伝いさせていただくことです。

 

当訪問看護ステーションにおいても、脳卒中や骨折、長期間の入院、認知症、精神障がいにより、体や心に不自由を抱えている方を対象に、その方の大事な作業ができるように、また継続して行えるように、リハビリテーションを行っています。またご自身で大事な作業が見つけられない方には、これまでの生活についてお話を伺い、一緒に探す、新たに見つけることから始めます。リハビリテーションの具体的な内容の例としては、自宅の環境で実際に玄関の出入りの練習や料理を行ったり、自宅で行える運動を指導したり、認知機能の低下を予防するために脳トレーニングを行ったり、折り紙等を用いて指先を動かしたりしています。

私たちの生活はその人にとって「意味のある作業」の連続から成り立っている

“人は作業をすることで元気になれる”

健康な人においても、自分にとって、大事な作業(病気をしても失いたくない作業)は何か、考えてみるのも面白そうですね。

私の趣味

2022年01月17日

私の趣味について 

 

在宅部門 介護情報課

村井 やよい

 

こんにちは

今日は、私の趣味について、お話させていただきます。

 

私の趣味は、韓国ドラマを見ることです。

十何年前、育児休業中に少し見たことあったのですが、それ以来遠ざかっていました。

2年前、コロナ禍の為、ステイホームになったことがきっかけで、再度韓国ドラマを見るようになり、ドはまりしてしまいました。

最初は、無料で見られるアプリで見ていましたが、有料の動画配信サービスを契約し、更に、韓国ドラマ好きが加速しました。

現在、わかくさ老人訪問看護ステーションで、訪問看護師さんと共に働いているということもあり、ドラマのジャンルとしては、医療系のドラマが1番好きです。サスペンスやヒューマンストーリーも好きです。ドラマを見て、泣いたり笑ったり、ドキドキしたりハラハラしたりすることがとても楽しく、日々の楽しみであり、活力・ストレス発散です。

ステーション内でも、韓国ドラマ好きな人がいて、見たドラマや見たいドラマの話ができて、それも楽しみになっています。

1年半程前からは、字幕なしでドラマを見たいと思い、韓国語の勉強を始めました。毎日アプリを使い、勉強しています。初めはチンプンカンプンでしたが、文字が分かるようになり、ドラマの中の単語が聞き取れ、少し分かるようになりました。話せたり、字幕なしで見るのは遠い未来ですが、気軽に旅行に行けない今、いつか行ける事を夢見て、毎日の努力を続けていきます。

コロナ禍が落ち着いたら、みんなで韓国料理を食べながら、韓国ドラマトークができる日を楽しみに、日々頑張っていきたいと思います。

 

新年のご挨拶

2022年01月04日

新年のご挨拶

在宅医療 医療長 川合 右展

 新年明けましておめでとうございます。

在宅医療では在宅療養中の患者さんへ、訪問診療、訪問看護などの多様な医療サービスを提供しております。これらのサービスを提供するのは「人」です。私たち一人一人がプロフェッショナルとして誰にも負けないくらいの専門性を高め、人としての魅力を高める必要があります。

本年度も、顔の見える関係を大切にし、地域の皆さんに必要とされる医療機関であり続けられるよう努力してまいります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

新年のご挨拶

わかこうかいクリニック 院長 城村 尚登

 

 新年あけましておめでとうございます。新型コロナウイルスの感染拡大があり、マスクの着用・3密の回避・手洗いやうがいの頻回の施行などの新しい習慣と共に「Withコロナ」の新しい生活が始まっています。いろいろ手間もかかることもあるとは思いますが、頑張っていきたいと思います。患者さんや職員の幸せを祈願して、今年も頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

年末のご挨拶

2021年12月30日

  2021年 爆発的な新型コロナ感染拡大で幕を開け、1年を通してコロナ渦との戦いでした。わかこうかいクリニックでも5月~11月にかけて、延844回のワクチン接種を行うことができました。少しは地域貢献ができたかなと思っております。只今、変異種オミクロンが気になるところですが、3回目のワクチン接種の準備中です。

今後も、訪問診療・訪問看護・居宅介護支援事業のスタッフ全員、在宅療養の患者さんの感染防護に努めてまいります。

来年こそ、療養者の方々が自由な在宅療養生活が遅れることを願っております。

 

社会医療法人若弘会 

在宅医療 局長・理事 前田 弘

年末年始の楽しみ☆彡

2021年12月08日

年末年始の楽しみ☆彡

 

  12月に入り、街のイルミネーションがとてもきれいに彩られています。これから年末年始にかけ、楽しいことが色々と待っている…想像するだけでわくわくします。

今年は楽しみが増えました。

第100回全国高校サッカー選手権大会に、JFA天皇杯 決勝戦・・・。

と、この1年で特にサッカーへの関心が深まりました。高校サッカー選手権大会では地方予選大会から結果を追い、天皇杯では、地元のクラブチーム・ガンバ大阪の試合観戦に、小学6年生の息子と度々Panasonicスタジアムへ足を運びました。

家族で応援しているガンバ大阪は、残念ながら4回戦で敗退しましたが、観戦中の喜怒哀楽を息子と共有できる時間は楽しく、更にサッカーへの興味をかきたてられました。

先(将来)に何か楽しみを持つことで、現在の過ごし方が変わる。このことを特に体感した1年でした。

 

作業興奮という言葉がありますが、私がこの1年で体感してきた事は、広義でこの脳の働きのように感じます。作業興奮とは、行動してから5分~10分でやる気が高まると言われているものですが、私の場合、楽しみを1つ設けることでその瞬間から気分が高まり、それ以後、その楽しみに向けて驚くほど充実した時間を過ごすことができました。

これが毎日続けばどれほど充実した日々を過ごせるのだろう??と考えると、楽しみを探さずにはいられません。(笑)

この小さな楽しみを積み重ねて豊かな人生を送りたいなぁと思います。

 

皆さま、どうぞ素敵な年末年始をお過ごしください!!

印象に残っている利用者さんとの出会い

2021年11月24日

印象に残っている利用者さんとの出会い


日本橋老人訪問看護ステーション
杉尾理紗

 

  訪問看護師になって間もない頃の話です。四肢麻痺で寝たきりの60代の男性利用者さんの訪問に行っていました。仙骨部の褥瘡の洗浄と処置、排便コントロール、内服管理、清潔ケアを行っていました。その方は、意識はしっかりされていましたが、自分の思うように動く事が出来ない為、看護師やヘルパーへの頼み事や注文が多く、少し大変な訪問でした。しかしとても明るく気さくな方なので、周りの人から親しまれていました。
訪問看護師は基本的に一人で利用者宅へ向かいます。なので、看護師一年目の新人であった私に対し、不安を抱かれる利用者さんも少なくありませんでした。しかし、その方は出身が福岡で、同じ九州出身の私を亡くした娘の様だと可愛がって下さり、毎回暖かく迎えてくれました。そうしている間に私も少しずつ訪問看護に慣れ、ある程度利用者さんのニーズが分かってきて、余裕が生まれました。
そんなある日、いつも通りに朝訪問に行くとその方は「昨日、杉尾ちゃんに車椅子を押してもらって難波まで行く夢を見たよ。」と仰られました。その時の私はどう返事をしていいか分からず「叶うといいですね。」としか言えませんでした。移動介助は訪問看護の範囲外である事は知っていたので、叶わないとわかりながらの返事にとても申し訳なく、切なく感じた事を覚えています。その後しばらくして、その方は痰の増加による呼吸苦で入院され、その数日後に病院で亡くなられました。
今でも、よくその方を思い出します。仕事で辛い事があった時、悩んでいる時、あの方ならきっとこう声をかけてくれるかな、と考えています。新人で頼りなかったであろう私を少しでも信頼してくれ、一緒に外出したいと思ってくれた事は、本当にあの時のわたしにとって大きな支えとなるものでした。
訪問看護師は病棟看護師に比べて利用者の生活に、人生に、より深く関わる仕事です。人生をもって沢山の利用者さんが私を成長させて下さいました。今の私ならあの言葉にどう返せるでしょうか。その答えを探しつつ、私は今日も浪速区を走ります。

わかくさ大東 訪問看護ステーション 在宅でのリハビリ

2021年10月26日

わかくさ大東 訪問看護ステーション 在宅でのリハビリ

 

わかくさ大東訪問看護ステーション 理学療法士 大東 康宏

 

211026rihablob2294 

 

在宅でリハビリをしていると、

「何歳になっても筋力はつきますか」

「いまさら良くなって外に出かけるのは難しいですよね」

「歳だからどこか痛いのは当たり前ですよね」

といった声を多く聴きます。

歳を重ねるにつれて、あきらめることが増えていくこともあります。

ただ、実際に訪問させて頂くと思っていたよりも動けたり、遠くへ行けたりと、ご自身達が思われているよりも身体の機能が良いことがよくあります。

 リハビリテーションの語源はラテン語に由来しており、英語のつづりは「rehabilitation」。そして「re」+「habilitate」の二つのパーツに分けられます。

〇 re:「再び」

〇 habilitate(habilitation):ラテン語の「habilis」に由来。「適した」という意味。

リハビリテーションは直訳すると「再び適合させる」ということになります。

私たち専門職がもたれているイメージは「身体を良くする・鍛えて動けるようにする」といったものですが、動きやすい環境を整えたり、利用者さんたちが気づいていないことに気付いてもらったり、時には背中を押して外に出かけられるようにしたりと日々色々な工夫をして訪問しています。この色々なアプローチが「再び適合させる」を叶えるきっかけになります。

 

広報誌わかくさ でもリハビリの記事があります。↓

https://www.wakakoukai.or.jp/houjinannai/pamphlet/

 

自分らしく生きる緩和ケア

2021年09月27日

「自分らしく生きる緩和ケア」

 

わかくさ老人訪問看護ステーション小阪サテライト 緩和ケア認定看護師 北野 典子

 

  2007年にがん対策推進基本計画が施策として打ち出され、医療の発展とともに緩和ケア普及啓発も進んできました。月日が流れ、「終末期」から「人生の最終段階」へと時代に沿った名称や捉え方へと変化してきています。

緩和ケアは早期から病気の進行度に関係なくその人の苦痛を和らげることです

  私がホスピス病棟で働いていた約15年前。当時、開設当初ということもあり「あそこに行ったら、もう終わりらしい。」「何するところがわからん建物やけど、悪くなったら行くところらしい」といった周囲の反応でした。医療者の娘をもつ私の父も、私がわけのわからない「ホ」のつくところで働いているという認識でした。

 そんなある日、母がすい臓がんの末期。予後3か月と診断されました。家族で話し合う中で、父は真っ先に「絶対、お母さんには病名を伝えないでやってほしい。つらいやろう。かわいそうや。」と涙しながら病名告知を反対しました。その時、緩和ケアの説明をし、母のやりたいことや思いを家族で支えていこうと話し合いました。病名告知をした後、母は「絶対に生きてやる。病気に負けない。」と強く前向きに過ごしていました。母らしく趣味も主婦もこなし通院もしながら、当時妊娠中だった私の里帰り出産も母が希望しました。1年半の闘病の末、趣味の日本舞踊の最中に倒れ、着物を着たまま秋の夜に旅立ちました。突然の別れとなりましたが、何とか初孫も抱くことができました。父は家族がいつもの自然体でいることがお母さんらしく生きれると思うと話し、私もそのことが母にとっての最大の緩和ケアであると感じました。

 

2014年に日本緩和医療学会は市民にむけ

『重い病気を抱える患者やその家族1人1人の身体や心などのさまざまなつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア』

と説明されています。

 

  私が日々出会う在宅療養者さんやご家族の中には、まだまだ「緩和ケア=(イコール)死」のイメージが強いように感じています。しかし、どんな病気や状況であっても、自分が安らぐ場所で心身のつらさがやわらぎ笑顔になること、その笑顔を見て家族も笑顔になることは、その人に関わるすべての人が互いに緩和ケアをしあって過ごしているのです。

コロナ禍で医療情勢が変化する現代、自分らしく生きるための過ごし方を考えてみませんか。私は笑顔の種と時にユーモアもお届けできる訪問看護師としてこれからも邁進していきます。写真は今年、父が聖火ランナーに選んで頂き、力走していました。これからも家族として一人で暮らす父を応援したいと思います。もう1枚は私の笑顔の種です。未来あるこれからの人生を応援しつつ、母としてがんばりたいと思います。

 

210927blog2

 

210927blog1

 

 

 

 

 

私がケアマネジャーを続ける理由

2021年09月07日

私がケアマネジャーを続ける理由

 

日本橋居宅介護支援事業所   石井 高枝

 

私は、平成12年に介護保険が始まってから、ずっとケアマネを続けています。実際、ケアマネ業は、自分から続けていると言うよりも、続けさせられていると感じています。

私は小豆島出身で、小さい頃はお遍路さんからお菓子等(時によりお金をくれる)をもらうのがあたりまえの生活をしていました。お遍路さんは、子供をお地蔵さんと見立て、お供えとして首にかけた袋から炒った大豆を渡します。

地域では、「おせったい」としてお遍路さんにうどんや甘酒をふるまいます。また、4月8日の灌仏会にはお寺さんへいつも行く等、お遍路さんの思いや無償の行いを常に見ている生活を過ごしてきました。

私の両親は67歳と72歳で亡くなったのですが、2人とも長患いをしなかったので、在宅介護を行った実感はありません。平成9年に訪問看護を始めた時には、利用者の方が、自分の親のように思えました。今は親の年より若い人達が多く、自分の家族という感じです。私の姉と兄も亡くなっているので、そう思うのかと思います。

私の祖母は6か月ほど寝たきり状態となり、家で看取りを行い、私が6歳の時に亡くなりました。そんな経験もあり、訪問看護での看取りは、当たり前のこととして受け止めていました。利用者は「最後は畳の上で死にたい」と言われる人も多かったです。今は、新型コロナの影響で入院すると面会が出来ない為、家族さんが「家で看てあげたい」と言われることが増えています。本人は、亡くなられる前の生活が自分の希望通りできると、波乱万丈な人生を送った人も最後に「良い人生が送れて良かった」と思っていると感じることがよくありました。

プライベートでも色んな出来事があり、ケアマネをするにあたり役に立つことがいっぱいありました。今生では、人の為に尽くすのが仕事と何となく思っている自分がいます。今、思えばお遍路さんからの思いを繋げているのかなと思います。

これからも、相手のことを敬い、できるだけ希望通りの生活が出来「良い人生を送れたな」と思って頂けるように支援を続けて行きます。

イカの町☆彡

2021年07月30日

 

久しぶりに帰省をしました。

実家は昨年から誰も住む人がいなくなったので、実家の玄関を開けた瞬間の「おかえり」「ただいま」の挨拶は独り言で行います。家の中は、いつでもタイムスリップができるような状態で保たれています。窓を開けるとヒグラシが鳴き、ホーホー、ホッホホーと鳴いている鳥と、(名前は知らないし、見たこともないのですが)

夜になって庭に出ると月明りだけで歩けてしまいます。実家に帰ると、いくつになってもホッとします。しかし、田舎の生活を窮屈に感じているのは昔も今も変わりはないのですが・・・

 

故郷は能登半島です。そこの小さな町、全人口をもってしても大阪城ホールを満員にはできない田舎町の出身です。

能登には自然あふれる風景や観光スポットに名湯もあり、おすすめしたいところはたくさんありますが、能登半島の先端近くに、小木(九十九湾)という、風光明媚な景色とスルメイカの水揚げがある小木港があります。そこに小木港のイカを全面的に押し出した全長13メートル、高さ4メートルの巨大なイカのモニュメントができました。この巨大イカ、設置を巡っては財源に新型コロナウイルス感染症対策の国からの地方創生臨時交付金を充てたことに疑問の声が上がり報道されたようです。

実際に近くでみると「でっかい!」

 

イカの町、巨大イカへの投資がイカしているのか、足を運んで確かめてみてはイカが?

 

210730blog01

 

210730blog02

 

210730blog03

言語聴覚士の仕事紹介

2021年06月24日

言語聴覚士の仕事紹介 

わかくさ老人訪問看護ステーション 言語聴覚士 佐藤貴子

 

こんにちは。言語聴覚士の佐藤です。

みなさん、言語聴覚士(Speech Therapist=ST)という仕事をご存じでしょうか?

リハビリ病院に入院したことのある方や身近に関わりのある方はご存じかと思います。

 

脳卒中や事故、加齢により、脳にダメージが加わると様々な症状が現れます。

言語聴覚士は、コミュニケーションや嚥下(飲み込み)に障害のある方に訓練・指導・助言を行ない、機能の回復を図るリハビリの専門職です。

 

 

☆今回は「失語症」について、お話ししたいと思います☆

 

私たちは、言葉を返して人とコミュニケーションをとります。

しかし、脳卒中や事故などの後遺症で言葉に障害が出る場合があります。

 

◇ 相手が何を言っているのかわからない。

◇ 話が長くなるとわからなくなる。

◇ 言葉が出てこない。

◇ 違う言葉を言ってしまう。

 

ひとりひとり症状は異なりますが、自分の想いをうまく伝えられない状態になります。

頭ではわかっているのに、うまく伝えられない”・・・すごくつらいですよね。

 

言語聴覚士はそういった方に寄り添い、コミュニケーションを取る楽しさや喜びを共感しながら、少しでも失語症が改善するようアプローチします。

 

ご家族様や介助者の方と円滑にコミュニケーションが取れるように。

 

 

  • ●地域や在宅で、失語症、高次脳機能障害(記憶力や集中力の低下)、嚥下障害(飲み込み)、発達障害、認知症などで、お困りの方はおられますか。
  • ●小さなお子様から高齢者の方まで幅広い年代の方が対象です。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

210623gen_blog

若弘会の訪問診療のご紹介

2021年05月31日

若弘会の訪問診療のご紹介


医療長 川合 右展

 

  社会医療法人若弘会には、急性期医療を提供する若草第一病院、回復期・慢性期医療を提供するわかくさ竜間リハビリテーション病院、在宅医療を提供するわかこうかいクリニック、介護老人保健施設竜間之郷、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所などがあり、在宅患者さんの様々なニーズに対応することができます。
 わかこうかいクリニックでは2010年4月から訪問診療を開始しました。2016年度まで常勤医師1名の診療体制でしたが、2018年度から常勤医師4名に増員となりました。
訪問診療患者数は173名(2021年5月17日現在)で、少しずつではありますが地域の在宅医療の発展に貢献できるようになりました。
 今後も私たちはお互いを高め合うチームの結束を強め、個人として組織として成長できるよう努力してまいります。

乳がん看護の勉強会を開催しました

2021年05月24日

乳がん看護の勉強会を開催しました

 

わかくさ老人訪問看護ステーション 

看護課長 米増 雪子

 

  女性は12人に1人の割合で乳がんになると言われています。看護師の職場にはまだまだ女性が多い為、以前から乳がん看護に興味があり、早期発見・早期診断・早期治療の大切さを理解して知識を深めたいと思っていました。コロナ禍での研修だった為、感染予防につとめながらZOOM配信となりました。初めての配信でしたので、戸惑いながらもパソコンの画面に他のステーションの方々の姿が映るとテンションが上がり、トラブルなくつながったことにホッとしました。

ステーションに来られていた実習生3名の方にも参加して頂き、有意義な時間を過ごすことができました。特に興味深かったのが乳がん患者の5~10%の方が遺伝性であるということ、ハリウッドスターが受けたことで注目された遺伝子検査については、以前は「早期発見ができるなら受けた方がいいのでは?」と思っていましたが、研修で遺伝子検査後の心理面を知ることができ、とても奥深い問題と感じ「受けたらいいのでは?」とすぐに出す答えではないと感じました。職員の注目度が高かったのは、当ステーションには癌性皮膚潰瘍で毎日処置を必要とする方がいるのですが、その方へのケアに関することでした。職員は、研修を通して「お家で安心してその人らしく過ごして頂くにはどう関わっていくことが大切なのか」ということを学び、改めて利用者さん・ご家族のQOL向上していくための目標について深く考えさせられました。

 

最後に、テンダーケア訪問看護ステーション管理者、樫木さんこのような機会を頂けたことに感謝いたします。これからも第2回、3回と共同で研修会を開催できればと思います。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

写真撮影、無事終了

2021年04月30日

写真撮影、無事終了


副医療長 村井 容子

 

 4月某日、朝からホームページおよびパンフレット用の写真撮影がありました。プロデューサーとプロのカメラマンの方が来られて、在宅医療の撮影を一日がかりで行いました。若弘会の在宅医療には、クリニック、訪問診療、訪問看護、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターがあり、すべての事業所を訪問し、医師や看護師、ケアマネジャー、療法士さんたちをパシャ、パシャと撮影していただきました。髪型を整えて、ポーズを決めて、笑顔で撮影していただきましたが、いつも元気いっぱいの職員たちも、緊張のせいかとても大人しかったのにびっくり。

 

今回の見どころを少しリークしますが、日本橋は、通天閣を背景に、若さ溢れる二人の写真にご注目ください。小阪は、滅多に撮れない貴重な〇〇写真、わかくさは、新人看護師の採血練習風景や緑が映えるキラキラ笑顔の写真、大東は、風で髪が乱れたところを瞬時に整えて撮った写真と療法士二人の息が合った写真を是非、ご覧いただきたいです。その他にグーポーズや指ハート姿もお見逃しなく。

当日は、晴れ女が2人いたせいかとても良いお天気で、太陽でキラキラした写真がたくさん撮れたことにウキウキ、ワクワクできた楽しい一日でした。皆様、ご協力ありがとうございました。モデルになってもらった方も、そうでない方も、本当にありがとうございました。

 

また、今回の写真は、ホームページとパンフレットに掲載される予定ですので、ご覧いただければ嬉しいです。