看blog 『大切な思い出』

先日、
ふと立ち寄った手芸屋さんで
着物をアレンジした暖簾を見つけました。

その暖簾は、明るい色使いで一際目立ち、
その華やかさに
私はすごく惹きつけられました。

家のタンスの奥に黒の絵羽織があることを思い出し、
一目散に家に帰って、
タンスの中から絵羽織を引っ張り出しました。

それは、
息子の小学校の入学式のために準備したものですが、
その息子ももう30歳になりました。

24年間、
タンスの奥に眠っていた絵羽織を
タペストリーに作り変え飾ってみると、
息子のランドセル姿を思い出し、
とても懐かしく温かい気持ちになりました。

若草第一病院
療養支援者 上山 明美

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク