巣立ちのとき ― 平成29年度 新人看護師修了式 ―

看護学校を卒業、国家試験に合格し、看護師として病院に就職。

理想を胸にそれぞれの部署に配属されました。

最初は患者さんの把握もできず、何もできないと責める日々。

それでも、患者さんと笑顔で接しながらたくさんのことを学びました。

ひたむきに頑張り、時には挫折感を味わい、やめたいと思うこともあったと思います。

決して楽な道ではなく、たくさん悩み、考え、新人研修では同期同士で励まし合ながら。あたたかく、時には厳しく先輩方に見守られながら、今日の日を迎えたと思います。

名前が呼ばれ、修了証を受け取りました。

またひとつ大きくなり、看護師として独り立ちするときです。

たくさんのうけた愛を、次は患者さんや後輩看護師へ注いで欲しいと思います。

修了証にはいちばん輝いている姿を添えて。

いつの時も初心にもどり、常に「看護とは何か」を追及できる看護師になっていってほしいと願っています。

img-nsblog180329-1

若草第一病院 看護部

カテゴリー: 新着情報 パーマリンク