大腸外来(クローン病等)

診療日 毎週 金曜日
診療時間 9001200
担当医師 北野 厚生 大腸疾患 詳細はこちら

 

大腸疾患の増加が広告されて以来、その増加は目覚ましく、大腸ポリープ、大腸癌をはじめ感染性腸疾患や潰瘍性大腸炎、クローン病などのいわゆる炎症性腸疾患の増加も目覚ましいものです。さらに、腸疾患機能性疾患としての下痢、便秘、過敏性腸疾患においても同じことが言えます。

これらの増加する大腸疾患に対応するためには臨床症状に基づいた診療はもとより、種々の検査を駆使して対応することが必要です。また、無症状の大腸疾患潜在患者を早期に診断、治療することも非常に大切です。

大腸疾患を含む消化器疾患への幅広い診療アプローチを積極的に実践してまいります。